美女と野ジュース|飲み方と副作用まとめ

『美女と野ジュース』の飲み方と副作用について

美女と野ジュース


『美女と野ジュース』は美味しく飲めてダイエット効果も高いと、いま話題のグリーンスムージーです。青汁にも用いられることで知られている大麦若葉をベースにして栄養価を確保しつつ、アフリカマンゴーを配合してフルーツ青汁の飲みやすさも実現。82種類の酵素も配合して、美容のサポートも万全ということで、人気急上昇中です。


『美女と野ジュース』の飲み方の特徴は、水で割ったときの美味しさを追求している点です。多くのフルーツ系のスムージー、青汁は、牛乳とかヨーグルトで割ることで美味しさを引き立たせる成分調整になっていることも多いのですが、それだと牛乳とかヨーグルトを使う分、余計なカロリー摂取にもつながってしまいます。


水で割ったときの美味しさを追求することで、ダイエット用の置き換え飲料としても魅力的な『美女と野ジュース』。飲み方と副作用について、検証してみましょう。


>>公式サイトはこちらから<<

『美女と野ジュース』の特徴

『美女と野ジュース』の特徴は、できるだけ空腹感を感じないで済むように成分が配合されていることです。グリーンスムージーがダイエット効果を発揮するのは、食事の一部と置き換えることができるからですが、栄養面だけではなく、空腹感を軽くする工夫が随所になされています。


大麦若葉がベース素材

『美女と野ジュース』は青汁にも多く使われる、大麦若葉がベースとなっていて、栄養価が高く食物繊維もたっぷり配合されています。ここに、おからを乾燥させたおからパウダー、こんにゃくの主成分であるグルコマンナンを加え、空腹感をできるかぎり軽減する成分配合となっています。


アフリカマンゴーを配合

『美女と野ジュース』にはアフリカマンゴーを配合してフルーツ系の味付けがなされています。アフリカマンゴーは西アフリカ原産のマンゴーですが、現地の狩猟民が、狩猟活動の際に空腹感を抑えるために食してきたことが知られています。美味しさのためにフルーツ系の味付けをしているだけでなく、空腹感を軽くすることにもプラスに働いています。


水で溶いたときの美味しさを追求

『美女と野ジュース』は水で溶いたときの美味しさを追求しています。牛乳とかヨーグルトで溶かなくても美味しいことで、余計なカロリーを摂取する必要がありません。甘さを抑えた味付けとすることで、美味しいなかにも、ジュースではなく食事の置き換えにできる味付けの方向です。

『美女と野ジュース』の飲み方

美女と野ジュースの飲み方


『美女と野ジュース』の飲み方は、やはり水で割ってつくるのがオススメです。ほかのグリーンスムージーに比べて甘さを抑えた成分配合になっていて、クエン酸も入っていることでスッキリした後味に仕上がっています。


グリーンスムージーとか青汁は、一度販売してしまえば、同じ成分のまま売り続けることが多いのですが、『美女と野ジュース』は発売開始からこれまでの間に、2回の成分リニューアルを行っています。日々改良を加えていくメーカーの姿勢は購入する側としてはありがたいものです。


『美女と野ジュース』の「定期自動お届けコース」なら、オリジナルのシェーカーもついてきます。商品が届いたその日から、『美女と野ジュース』を楽しむことができます。


>>公式サイトはこちらから<<